早期退職後に平日にブラブラすることの罪悪感について

シェアする

スポンサーリンク
judge

サラリーマンを早期退職して誰もが体験する試練、それが

平日にブラブラすることへの罪悪感

だ。

本当は「働かないことの罪悪」なんか存在しないけど、サラリーマン生活が長いと「労働=有意義」「怠惰=罪」と感じる。

  • 平日の朝から何もせずぼーっとしていていいのか。
  • 平日の昼間に外出して、怪しまれないか。
  • みんなが働いているのに、自分は何もしないでいいのか。

みたいな。

わたしは2011年に早期退職して5年が経過した。

5年もたつと、平日の朝から何もしなくても、平日の昼間に外出しても、何の罪悪感もない。

顔見知りの近所の人と出会ってもふつうに挨拶する。

スポンサーリンク

退職当初は罪悪感あり

退職後、最初の1年は何もせずぼーっとしていると罪悪感はあった。

まだ、サラリーマン・マインドに洗脳が解けていなかったから。

サラリーマン・マインドとは、一言で言えば

働かないヤツ(または(付き合い残業するなどして)働いているふりをしないヤツ)は犯罪者

という考えだ。

罪悪感から「ハロワに行って仕事を探しているふり」をしてでも気持ちを静めようという焦りを感じることもあった。

今から思えば、バカバカしいことで悩んでいたものだ、と笑い話にできる。

平日の昼間なのにランニングする人が多い
自宅の近所の街道沿いを散歩していると、平日の昼間なのにランニングウェアをバッチリ着こなしてランニングする人をよく見かけるようになった。 ...

無職がイヤなら自営業者に

早期退職後に罪悪感を感じる理由は「無職」というステータスだ。

どんな豪放磊落な人でも他人に「無職」と名乗るのは気が引けるだろう。

そんなときは自営業者になればいい。

自営業者になるには、税務署に「開業届」を提出するだけでいい。

税務署が開業届を受理したら、晴れて日本政府から「職業=自営業」と公認してもらえる。

堂々と「職業は自営業です」と名乗っていい。

税務署から返送されてきた受領印付きの「開業届の控え」は大事に保管すること。

自営業者であることの身分証明書となるので。

もちろん、自営業を営む気がないのに開業届を出すのはNGだ。

本当に何もする気がないのなら無職に甘んじてください。

早期退職後に「無職」と後ろ指をさされないために「開業届」を提出する
早期退職してセミリタイア生活することを実行できない理由として、お金以外に大きいのが「無職」というレッテルを貼られることではないだろうか。 ...
早期退職後は何をして遊べば誰からも批判されないか
当ブログに「早期退職後何の遊びをしているか」というキーワードでアクセスがあった。試しに、「早期退職 遊び」で検索すると、当ブ...

多忙になれば罪悪感は消える

わたしは開業届を提出した後、当ブログを開設して運営したりして、本当に自営業となった。

労働をして、現金収入があるのだから、他人から見れば自営業としか見えないだろう。

ブログの運営とか、Kindle本の出版とかで、そこそこ多忙になる。

「多忙」といってもサラリーマンのように10時間以上職場に張り付いて時間的拘束を受ける、という意味での「多忙」ではない。

「今日は何をしようか」と考えることに脳内が忙しいという意味だ。

脳内が忙しければ、罪悪感が入り込む余地はなくなる。

でも、多忙といっても読書に疲れたら昼寝するし、夜はPCの作業はせずにさっさと寝る。

早期退職したのは「男らしさアイテム」を集めるのに疲れたから
齋藤学『「自分のために生きていける」ということ~寂しくて、退屈な人たちへ』(大和書房 2004)を読んだ。本書タイトルの「自分のため...
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS