12歳で「金持ち父さん」を読んで28歳・2億円で早期リタイア生活を送る女性

シェアする

スポンサーリンク
money

ブログ「40代貯金2000万でセミリタイア」の記事「2億円以上を貯めて早期リタイアした28歳の女性 リタイア後の彼女の一週間は…」で紹介されていたForbesの記事(英語)を読んでみた。

参照:How This 28-Year-Old Retired In NYC With A Net Worth Of More Than $2 Million (2016.11.14 Forbes)

タイトルを訳すと、「28歳・純資産200万ドル(約2億3,600万円)・ニューヨーク在住でどうやってリタイア生活を送っているのか」となる。

28歳で早期リタイアしたハーバード大卒の女性で、現在は純資産225万ドル(2億6,550万円、1ドル=118円で換算)を所有して、夫とニューヨークに住んでいる。

「JP」というハンドルネームで「THE MONEY HABIT」というブログを運営しているそうだ。

わたしが興味を持ったのは、もちろん、「早期リタイア資金をどうやって作って、運用しているか」だ。

お金」に焦点を当てて記事を読んでみた。

スポンサーリンク

12歳で『金持ち父さん』を読む

彼女が資産運用に目覚めたきっかけは、12歳の時に父親から与えられた本『金持ち父さん 貧乏父さん』だった。

この本を読んで「ビジネスオーナーになりたい」と思ったそうだ。

金持ち父さん 貧乏父さん』によると、人は4種類に分類できる。

  • 従業員 …… サラリーマン。収入はそこそこ安定しているが不自由。
  • 自営業者 …… 自分のビジネスを持っている人。収入の安定や保障はない。
  • 投資家 …… 不動産、株式投資などで不労所得を得る人。労働からは解放されている。
  • ビジネスオーナー …… 自分の所有するビジネスを他人に任せ、一切の労働はしない。経済的自由人。

で、「ビジネスオーナー」になるために書店で不動産投資の本を読みあさったという。

まるで、トランプ(次期大統領)みたい。

ふつうの12歳の女の子なら「花屋さん」とか「ケーキ屋さん」といった「やりがいのある労働者」になることが「将来の夢」になりそうだが、「ビジネスオーナー」になることを選ぶとは、ただものではない。

ミニマリスト

ビジネスオーナーを目指すというと、ガツガツと金を稼ぐタイプをイメージするが、彼女はそんなタイプではないようだ。

台湾の仏教寺院で夏を過ごし、ミニマリスト的なライフスタイルを身につけた。

「子供の頃から経済的自由を目指し始めた」「支出は最小限でもやっていける」……「蓄財の基礎」は若い頃に完成した(というか、親が12歳の娘に『金持ち父さん』を読ませるのだから、「蓄財DNA」の遺伝なのかも)。

筋金入りの投資家だ。

消費しない女性」の蓄財力はすごい。

これでお金が貯まらないわけはない(笑)。

26歳で、早くも純資産100万ドル(1億1,800万円)を達成したそうだ。

健康なうちに人生を楽しむ

彼女が早期リタイアした理由に「健康寿命」があると思う。

記事で、彼女は「自分の家族の健康寿命から考えると、自分の健康寿命はあと15~20年」と語っていた。

お金と健康はセットでないと人生楽しめない。

でも、28歳であと15~20年ということは、人生を楽しめるのは40代まで?

早期リタイア成功の方程式

彼女が記事で紹介している方程式も面白い。

低コストで早期リタイア生活を送るための方程式だ。

収入 – 支出 = 貯蓄

貯蓄 + 資産価格の増加 + 税引き後利益 = 種銭(nest egg)

彼女の夫は働いているようなので、勤労収入から支出を引いた残りと、投資からの利益を「種銭」に上乗せしている。

不労所得だけでも十分に暮らしていけるが、夫は働いている。

ちなみに、ポートフォリオは「無リスク資産6割、リスク資産4割」だ。

投資で過度なリスクはとっていない。

堅実な早期リタイア生活だな」と記事を読んで感じた。

まとめ

  • 消費しない女性」の蓄財力はすごい。
  • お金と健康はセットでないと人生楽しめない。
  • 低コスト・低リスクな早期リタイア生活をめざす。
  • 英語の記事を読むのは疲れる。
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS