お金はないけど早期退職したい、しちゃった場合どうすればいいか

balance

サラリーマン投資家のブログをいくつか読んでいると「会社を辞めたい、でもお金が足りない」と愚痴っているのをよく目にする。

わたしもサラリーマン時代に同じ愚痴を何百万回も言っていたのでよくわかる。

「会社を辞めたい、でもお金が足りない」と思う原因は次の3つに集約できる。

  • 会社を辞めたら、収入がなくなる
  • 好きなことをやっても、収入に結びつかない
  • 収入源が株式投資だけでは不安

わたしが早期退職した実体験から言えば、上記の3つは「妄想」に過ぎない。

怖がりすぎ。

というか、自分を過小評価しすぎ。

スポンサーリンク

会社を辞めるのは怖いけど辞める

先日、『孤独論 逃げよ、生きよ』(田中慎弥著,徳間書店,2017)という本を読んだ。

本書は「早期退職、早期リタイアを考えてるけど、怖くて実行できない」と思っているサラリーマンにおすすめ。

お金がないけど会社がイヤで早期退職しちゃった(笑)、これからどうしよう」と思っている人も将来への自信がわく本だ。

著者は高校を卒業後、就職せずに実家に引きこもって読書をしたり売れない小説を書くといった「早期リタイア生活」のような日々を33歳まで送っていたので、説得力がある。

「会社を辞めたいけど辞められない」人のメジャーな主張は、本書によると、

生活していくためには仕方がない。周囲や社会と足並みを揃えて仕事をすることで対価を得て、生計を立てているのだ

「本当は会社を辞めたいけど、生活費を稼ぐためには辞められない!」と言われたら、著者も「反論できない」と言っているが、それでも次のように反論する。

いや、そこなのです。だからこそ、です。仕事だからやっている。かてを得るために同調し、独りの時間すら持たず、好きなことに目をつむる。端的に、それではつまらないでのはないか。人生はたいへんである。ならばせめて、少しでもやりたいことをやれたほうがいい。おもしろいほうがいい。

本当に逃げたいのなら、愚痴ではなく、本心で辞めたいのなら、いますぐに辞めた方がいい。

「お金が足りない」なんて言い訳しないで。

「お金が足りない」と思い込むのは単なる「妄想による思考停止」でしかないのだから。

逃げたあとにやるべきこと

本書のいいところは「会社がイヤなら今すぐ逃げろ!」で終わっていないところ。

無責任な早期リタイア論とは一線を画す本になっている。

「会社を早期退職して、何をすればいいのか、どう考えればいいのか」まで、ちゃんと書いてある。

お金の心配はあるけど、勇気を出して退職願を出した。

無事に逃げることができた。

さて、そのあと、どうする?

これ以上書くとネタバレになっちゃうので、詳細は本書を読んでほしい。

ここに至って、あなたは奴隷ではなくなります。そしておのずと未来に向けて進みはじめます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader