47歳で貯金5000万円なら早期リタイアしなければもったいない

seagull

47歳貯金5000万円。仕事がキツく早期リタイヤを希望(2016.11.6 AllAbout マネー)

という記事を読んだ。

47歳の男性独身会社員が早期リタイアできるかどうか、FPに相談している。

貯金は約5000万円。

早期リタイアしたい理由は「長時間労働」とのこと。

スポンサーリンク

いつ辞めても大丈夫

結論は、

いつ退職されても問題ありません。今すぐ辞められてリタイア生活に入っても大丈夫です。

完全リタイアしても大丈夫」と太鼓判を押している。

わたしも「いつ辞めても大丈夫」だと思う。

なぜか。

47歳で貯金が5000万円あること……ではなくて「この人なら無駄遣いして急に生活レベルが上がることはないな」と思えるから。

早期退職して給与収入がなくなれば、さらに支出を減らそうとするだろう。

「節約の努力」をしなくても、体が勝手に動いて支出を減らすようにする。

節約ごときに努力が必要なら、40代で5000万円の貯金はできないだろう

5000万円が完全リタイアの最低金額
加谷珪一『お金持ちの教科書』(CCCメディアハウス,2014) を読みなおした。「純金融資産5000万円が”完全リタイア”できるかど...

彼の資産ポートフォリオのほとんどは銀行預金だ。

給与の貯金だけで5000万円作ったと思われる。

「早期リタイア体質」の持ち主だ。

貯金が5000万円ある、質素な生活ができている、仕事はイヤ……これで早期リタイアしなければもったいない!

もったいない!

リタイア資金よりも退職の意思を尊重

記事の相談の回答には、次のようにあった。

老後資金と同時に、なぜリタイアしたいと思うのか。その要因も考えるべき。職場環境によって大きなストレスを抱える、あるいは体力的に限界というなら、それを最優先にすべきではないでしょうか

※強調は引用者による。

その通りだ。

仮に、早期リタイアの目標金額が5000万円だったとして、目標金額に未達成であっても、「今すぐ辞めたい」という気持ちが抑えられず、「辞めないと心身が持たない」という心の声がガンガン聞こえるなら、辞めるべき。

莫大な貯金があるかどうかよりも、生活レベルを上げなければ、なんとかなる。

※※

▼早期リタイア実現のために「生活レベルを上げない」「見栄を張らない」ことの大切さを学ぶための本

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader