夢のない、ほそぼそとしたリタイヤ生活を目指す話です

シェアする

スポンサーリンク
retired cat

先日出した当ブログのKindle本『40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた』に、早速カスタマーレビューがついた。

星1つだが、けっこう本質をついていたので紹介したい。

本書を読んでレビューしていただいたポップスさん、ありがとうございます。

ポップスさんの他書のレビューを見てみたが、おおむね厳しい評価をされている印象を受けた。

本書のレビューを見ていきたい。

内容としては目次からもわかるとおり、夢のない、ほそぼそとしたリタイヤ生活を目指す話です。こんなセミリタイヤなら仕事をしていた方が幸せだと実感できたので、これはこれでよし。

手段を問わずに、生活レベルを落として、セミリタイヤを目指す人には良いかと思いますが。

ブログをまとめていることから、目次は散らかっております。構造化された内容ではないので、プロの編集がほしいところです。読むのがしんどくて、半分で読むのをセミリタイヤしてしまいました。

『40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた』のポップス氏のカスタマーレビュー」より引用(強調は引用者による)

わたしは上記のレビューを読んで「そうそう、そのとおり」と感じた。

スポンサーリンク

夢のないほそぼそとしたリタイヤ生活

セミリタイア生活は、「夢のない、ほそぼそとした」生活だ。

ポップス氏のご指摘どおり。

会社を退職後は、生活レベルを落として(というより自然に支出が減る)、ほそぼそとした生活となる。

セミリタイア者はお金で「夢」を買う代わりに「自由時間」を買っているからだ。

だから、退職後はサラリーマン時代より生活が派手になる人は少数派じゃないかと思う。

もし、退職後もサラリーマン時代と同等以上の生活レベルを維持したい、消費生活で「夢」をたくさん買いたいと思うなら、早期退職なんか考えずにサラリーマンでいたほうがいい。

レビューにあるように「こんなセミリタイヤなら仕事をしていた方が幸せ」だと思うなら。

夢や希望にあふれたサラリーマン人生なら、無理に辞める必要はない。

プロの編集がほしい

レビューの後半にある

ブログをまとめていることから、目次は散らかっております。構造化された内容ではないので、プロの編集がほしいところです。

というご指摘も、同感だ。

文章はブログにそろっているのだが、どのように編集して書籍としてまとめればいいのか……試行錯誤しながら電子書籍を作ってきた。

「編集」というのは、わたしにとってまだまだ大きな課題だ。

本当に「プロの編集者がほしい」と思う。

つまり、「Kindle本を自作するより出版社から出したほうがいい」ということですね。

追伸

本書は「手段を問わずに、生活レベルを落として、セミリタイヤを目指す人」に読んでいただきたい。

なぜなら「夢のない、ほそぼそとしたリタイヤ生活を目指す話」だから。

【目次】
はじめに
01. サラリーマンを辞めてもお金は入ってくるから今すぐ辞めても大丈夫
02. 40代でセミリタイアするなら貯金は「3年分の生活費」で安心できる
03. 貯金の額なんかどうでもいいから今すぐ退職願を出せ!
04. 「サラリーマン脳」でセミリタイア生活を想像するのは無理
05. 社会人1年目の貯金は105万円
06. 早期退職後は何をして遊べば誰からも批判されないか
07. 年収200万円あれば年間100万円貯蓄に回せる
08. 「経済的自由」のための銀行口座を作った
09. セミリタイア資金の8割は「健康」
10. もしも1年分の貯金で早期退職したら
11. 「一生遊んで暮らせるだけの貯金ができたら早期退職する」では遅い
12. 円預金が増えたら負けかなと思ってる
13. 早期リタイアして何をしていいかわからないときに何をすればいいか
14. 「早期リタイア後に無一文になる覚悟」があればすぐに退職できる
15. なぜ早期退職者は再就職せずにブログで稼ぐことにこだわるのか
16. なぜ必死で死にもの狂いでお金を稼ぐのか……そんな必要ないのに
17. ドラッカー本で学ぶセミリタイア成功法
18. 「フォロワー14,000超のtwitterアカウント」という財産
19. 早期退職のための完璧な準備
20. 【番外編】初公開、セミリタイアブログの年収
おわりに~早期退職して6年目のセミリタイア生活近況
参考文献
著者プロフィール
奥付

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS