わたしの本がなぜかインドのAmazonで売れていた

シェアする

スポンサーリンク
Taj-Mahal

先日、わたしのKindle本の売り上げをチェックしていたら、「インドルピー」で売上が立っていた。

インドルピー?

インドルピー(INR)はご存じのとおりインドの通貨だ。

なぜ?

インドのAmazon経由でわたしのKindle本が売れていたからだ。

日本語で書いた本なのになぜかインドのAmazonで売れていた。

スポンサーリンク

どんな本が売れたのか

ちなみに売れた本は当ブログの本ではない。

4年ほど前に書いた、サラリーマン時代の仕事関係の本だ。

プライバシーの関係で、売れた本のタイトル名は秘密とさせていただく。

参考記事Kindleで出版したら売れたが、怖い未来も見えた

生まれて初めてルピー相場をチェック

本がインドルピーで売れたら、次に気になるのはルピー相場だ。

売上はルピー(INR)で表示されている。

「1ルピーは何円なのか?」

50年近く生きてきて、初めてインドルピーが何円かが気になる瞬間を迎えた。

Googleで「ルピー 円」で検索すると、

1インドルピー = 1.70885799円

だった(2017.8.23 6:45時点)。

まとめ

わたしのサラリーマン時代の知識や経験がインド(?)で役立っているのなら、幸いだ。

※※

▼Kindle本を作るときに大いに参考になった本

Kindleセルフパブリッシング入門
小泉 俊昭
日本実業出版社
売り上げランキング: 150,571

作家になって毎年1億円稼ぐ
株式会社ココロ・シンデレラ (2016-08-16)
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS