7時間かけてEvernoteからOneNoteへデータ移行

シェアする

スポンサーリンク
onenote

今まで「Evernote」と「OneNote」を利用していたが、このたび「OneNote」に一本化することにした。

「Evernote」「OneNote」ともに性能的には優劣はなかったが、「OneNote」は「無料で使いたい放題」という最大級のメリットがある。

「Evernote」は無料のベーシック版だとアップロード容量が月60MBなので、主に文字データしか取り込めなかった。

画像をバンバン取り込んでいるとすぐに上限に達してしまう。

あと、使用できる端末が2台までという複数端末利用者には厳しい制限もある。

参照Evernote のシステムにはどのような制限がありますか?(Evernoteヘルプ) 

参照EvernoteからOneNoteへ!データ移行してわかったメリット・デメリット!(PCナビゲーター&カメラナビゲーター)

なので、「Evernote」の利用をやめて「OneNote」に一本化することにした。

「Evernote」のデータは「OneNote」へ移行することにした。

スポンサーリンク

移行完了に7時間

データの移行にはマイクロソフトが提供している「インポートツール」を利用した。

参照EvernoteからOneNoteに移動 (Microsoft OneNote)

移行に7時間かかった(笑)。

対象ノート数は約2,000。

ほとんどが文字だ。

だから、ファイルサイズはそんなに大きくないはず。

なのに、まさか7時間もかかるとは想定外だった。

移行が終わると次のようなメッセージが表示される。

移行完了

移行したデータの保存先

「Evernote」から「OneNote」へ移行したデータの保存先は「OneDrive」の「ドキュメント」というフォルダだ。

OneNoteファイル

ともかく、「OneNote」の一本化が完了した。

さようなら、Evernote。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS