手帳がいらないセミリタイア生活

シェアする

スポンサーリンク
Seria手帳

手帳を使わなくなって3年目となった。

最後に手帳を買ったのは2015年だった。

買ったのは100円ショップ「Seria」の手帳だ。

2015年の手帳は100均(Seria)で購入
100均で売っている手帳って、「安いけど中身はイマイチ」と思っていたが、そうではなかった。 大手の書店や文具店をまわって手帳を探したが...

買ってはみたものの、あまり使わなかったので翌年の2016年からは「手帳レス」の生活を続けている。

スポンサーリンク

手帳に書くことがない

手帳を使わなくなった理由はズバリ「書くことがない」だ(笑)。

会社を退職したら仕事の予定を書く必要がなくなる。

セミリタイア生活では「手帳が予定で真っ黒」になることはない。

もし、退職後も仕事の予定でびっしり埋まってるならば、それは生き方が間違っている。

手帳からアプリへ

というわけで、セミリタイア生活では予定はほとんどプライベート関係だ。

プライベートの予定はすべて携帯(ガラケー)のアプリで管理している。

アプリだと定期的な予定を簡単に登録できるので便利だ。

手帳だと定期的な予定をいちいち書き込まないといけない。

手帳レスの生活は3年目に入ったが、今のところ特に不便は感じていない。

※ちなみに、サラリーマン時代によくつかっていた手帳は「能率手帳」だった。

能率 NOLTY 手帳 2018年1月始まり ウィークリー NOLTY 能率手帳1 黒 1211
日本能率協会 (2017-08-25)
売り上げランキング: 2,609
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS