国民年金保険料を「クレジットカード納付」に変更

シェアする

スポンサーリンク
money

今年(2018年)は2年に1回の「国民年金保険料の支払年」だ。

というのは国民年金保険料を2年前納にしているから。

今年から、クレジットカード払いにすることにした。

「ポイント還元」が目当てだ(笑)。

手続きは「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を郵送する。

今までは「口座振替」だった。

スポンサーリンク

口座振替とクレジットカード納付の比較

ここで、口座振替とクレジットカード払いの割引金額を比較してみる。

データは平成29年度(2017年度)だ。

参照国民年金保険料の「2年前納」制度|日本年金機構

「口座振替の2年前納」の場合、毎月納付に比べて15,640円割引となる。

「クレジットカード納付で2年前納」の場合は14,400円割引だ。

金額を単純比較すると「口座振替」の方が1,240円お得だ。

現金とポイント、どちらが価値がある?

しかし、クレジットカード納付の場合、ポイントがつく。

例えば1%還元のクレジットカードで納付すると、還元されるポイントは

379,560 (円) × 1 (%) ≒ 3,795 (ポイント)

となる。

クレジットカード納付を選んだ場合「現金1,240円を払って3,795ポイントを得る」ことになる。

わたしの場合、クレジットカードは「Amazon Mastercardクラシック」を使っているので、ポイントはAmazonポイントになる。

「Amazon Mastercardクラシック」に入会
クレジットカード「Amazon Mastercardクラシック」に入会した。 Amazonをちょくちょく使うので、他のクレジットカード...

今のところAmazonでよく買い物をするので「ポイントの方がいい」と判断して「クレジットカード納付」を選んだ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS