「僕はサラリーマンに向いてない」とつぶやいて30代で早期退職していった元同僚

シェアする

スポンサーリンク
bunny

先日更新した記事「自由でいたいから友達はいらない」を書いていてふと、早期退職していった元同僚を思い出した。

もう十数年以上前の話だ。

なぜ思い出したかというと、彼も「友達はいらない」といったタイプの男だったからだ。

職場では無口だった。

チームで仕事をするより、ひとりで黙々と作業をこなすタイプだ。

もちろん、飲み会や研修といった「集団行動」は大の苦手。

そんな彼が30代前半で退職することを知った。

スポンサーリンク

「コミュ障」はサラリーマンに向いてない?

最終出勤日、彼は退職のあいさつ回りをしていた。

わたしのところにもやってきて、少し雑談をした。

雑談の内容は忘れたが、この言葉だけが心に残っていた。

僕はサラリーマンに向いてなかった

何が向いてないのかは言わなかった。

勝手に推察すると、彼は「コミュニケーションが苦手だからサラリーマンに向いてない」と思ったのだろうか。

うらやましい

彼が「サラリーマンに向いてない」という理由で退職すると知って、

うらやましい!

と思った。

わたしも「自分はサラリーマンに向いてない」から「早く辞めたい」と思っていたからだ。

しかし「お金」「世間体」「退職手続きが面倒」といった(つまらない)理由で辞められないでいた。

その後、色々あってわたしも晴れて「サラリーマンに向いてないから」早期退職することができた。

労務 38/退職願
労務 38/退職願

posted with amazlet at 18.02.02
日本法令
売り上げランキング: 342
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS