ミスチルでさえわたしの早期退職を止められなかった

シェアする

スポンサーリンク
concert

わたしがサラリーマン時代によく聴いた曲があった。

それはミスチル(Mr.Children)の「彩り」だ。

たまたまラジオを聴いていたら「彩り」が流れてきたので、この曲の思い出を書きたい。

歌詞を見てもらえばわかるが、「小さい仕事でも誰かの役に立っている」という曲だ。

朝の通勤時に仕事のモチベーションアップのために聴いていた。

スポンサーリンク

「退職慰留」の曲として

特にサラリーマン時代の末期、仕事がイヤで「早く辞めたい!」と思っていたときは「退職慰留ソング」として聴いていた。

「仕事はイヤだけど、この曲の歌詞のように誰かの役に立っているはずだから、あとひとがんばり」と思いこませようとした。

が、明るい「彩り」を探すことはできなかった。

灰色、黒、ドス黒い色しか見えなかった。

モノクロの毎日。

退職後の「彩り」は

結局、早期退職したいという希望には逆らえず、2011年に40代前半で辞めた。

ミスチルでさえ、わたしの退職を止められなかった(笑)。

もちろん、曲は素晴らしい。

早期退職してセミリタイア生活を送っている今は「きれいな彩り」だ。

彩り
彩り

posted with amazlet at 18.07.16
TOY’S FACTORY (2018-05-18)
売り上げランキング: 23,506
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS