個人向け国債は他人に売却・譲渡できる

シェアする

スポンサーリンク
yen

知らなかった。

「個人向け国債」って他人に売却できるんですね。

個人向け国債を中途換金する2つの方法(2018.1.16 All About)

という記事を読んで、初めて知った。

個人向け国債は売買ができないと思われていますが、誰か「個人」に売却することはできます。

「個人向け国債」を現金化するには、ふつうは証券会社で「中途換金」する。

具体的な手取額の計算は財務省の「中途換金シミュレーション」でできる。

参照個人向け国債:中途換金シミュレーション(財務省)

中途換金しても最大で「直近2回分の利息」を返金するだけなので「元本割れ」の心配はない

参照個人向け国債についてのよくある質問(財務省)

もし「中途換金」ではなく、「売却」するにはどうすればいいか。

スポンサーリンク

自分で買い手を見つける

手持ちの個人向け国債を売却するには、自分で「買い手」を見つける必要がある。

もちろん、買い手は金融機関に「個人向け国債の口座」を持っている必要がある。

自分の口座から買い手の口座に個人向け国債を「移管」する形になる。

「移管」方法は金融機関に問い合わせて確認する。

わたしの国債「移管」体験

ちなみに、わたしは個人向け国債を「移管」したことがある。

他人への「売却」ではなく、自己名義の口座間の移動だ。

具体的には、個人向け国債をマネックス証券からSBI証券の口座に「移管」した。

個人向け国債の移管は時間がかかる?
個人向け国債を移管した。 「移管」とは個人向け国債を預けている金融機関を変更することだ。 わたしの場合、マネックス証券で管理して...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS