セミリタイア時の心配事は10割起こったが問題なかった

シェアする

スポンサーリンク
take it easy

「早期退職してセミリタイアしたい!」と思ってもなかなかできないものだ。

次のような心配事があるから。

  • 世間体が悪くなるんじゃないか
  • 家族が猛反対するんじゃないか
  • 退職後の環境の変化について行けるか

わたしの場合、上記の3つの心配事は「実現化」した。

心配事の9割は起こらない』という本があるが、わたしの場合はセミリタイアに関しては「10割」起こった(笑)。

が、大した問題にはならなかった。

ひとつずつ解説する。

スポンサーリンク

世間体が悪くなる

退職してしばらくして、とある親戚から「会社を辞めて、どうやって生計を立ててるの?」と訊かれたことがあった。

当時はブログをやっていなかったので定収入はなかった。

完全な無職ではなかったが「仕事をしている」と胸を張って言える状態ではなかったので答えに困った。

ああ、これが”世間体が悪い”という感覚なんだな」と実感した。

親戚の直球質問に何と回答したかは次の記事を参照してください。

親戚「早期退職してどうやって生計立ててるの?」俺「この曲を聴いてください」
40代前半で早期退職した直後、中高年の親戚から「会社を辞めてどうやって生計立ててるの?」みたいな余計な詮索質問をされたことがあった。 ...

家族の猛反対

「40代前半で会社を辞めてセミリタイアする」と突然宣言したら、家族が猛反対するんじゃないか。

はい、猛反対されました(笑)。

セミリタイアするときは「社畜系」の友人や家族を説得するのは無理ですな。

もし猛反対されたときはどう考えればいいのか、次の記事が役に立てれば幸いだ。

40歳を過ぎて「会社を辞めてセミリタイアする」と宣言したら猛反対された
会社を辞めたのは40代前半だった。 退職を心の中で決めて、周囲の人たちに「退職宣言」したら猛反対された。 やっぱり。 早期退職...

環境の変化がストレスに

会社を退職して自由を満喫できるかといえば、そうでもない。

退職直後の1年がいちばんストレスを感じる。

特に「現状維持大好きサラリーマン」だった人ほど「退職直後の環境の変化」を「憂鬱」に感じるだろう。

憂鬱感の乗り切り方は、次の記事にまとめた。

早期リタイア1年目の憂鬱を乗り切る
先日、こんなツイートを見かけた。 ここのところ いまいち 気分がすぐれないことに関して かねてから愛読していたkotaroさんのブログ...

「会社を辞めたら自由で快適だと思ってたのに憂鬱なのはおかしい」と違和感を感じるかもしれないが「変化と憂鬱はセット」と割り切るしかない。

時が経って慣れたら自然に憂鬱感は消えていく。

お金の心配は?

あれ、セミリタイア生活最大の心配事である「お金の心配」はないの?

と思われた人も多いかと思う。

「会社を辞めて、死ぬ前に貯金がゼロにならないか」みたいな心配だ。

が、本当に「お金が心配」な人はセミリタイアを実行しないと思うので「心配事」から除外した。

まとめ

セミリタイア前は心配事がたくさん頭に浮かんでくるが、いざ実行してみたら何とか乗り切れるものだ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS