Kindle端末で使っているmicroSDカードが2年たらずで「風変わりな破損」をした

シェアする

スポンサーリンク
microSDカード

Kindle端末(Fire HD 10 タブレット)で使っているmicroSDカードが破損していた。

「破損」といっても、ちょっと風変わりな破損だったので、「破損」だと気づくまで時間がかかった。

ふつうの「破損」は、SDカードが読めずに端末で認識できなかったり、データが書き込めなかったりといった現象が起こるので、すぐに「破損」だと気づく。

が、わたしのSDカードはちょっとおかしかった

どんなふうにおかしかったのか、説明したい。

スポンサーリンク

データの読み書きができる風変わりな「破損」

わたしのSDカードは、一見、ふつうにデータの読み書きができるようにみえた。

Kindle端末に差し込んでも認識できた。

これらのいったい何が「破損」だったのか。

データの追加・削除ができるように見えるだけで実際にはできていない」という破損なのだ。

データ追加ができるように見えるだけ

SDカードにファイルを追加すると、一見追加できたように見える。

が、Kindle端末を再起動(電源OFFしてON)すると、追加したファイルがなくなっているのだ。

つまり、ファイルを追加できているように「見える」だけで、実際には追加できていないのだ。

データ削除できたように見えるだけ

削除も同じ。

SDカードからファイルを削除すると、ファイル一覧からなくなるので、一見削除できたように見える。

が、追加の場合と同様、Kindle端末を再起動すると、削除したはずのファイルが、まだSDカードに存在しているのだ。

なぜ?

SDカード破損対策

今のままではSDカードの役割を果たせていないので、仕方なくSDカードを買い替えた。

2年足らずの寿命だった。

SDカードは「消耗品」と割り切って、重要なデータはKindle本体の内部ストレージかクラウドにバックアップしておくほうがいい。

今回は前の「安物買い」を反省して国内メーカー(東芝)のSDカードを買ったよ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS