国民年金は「長生き保険」「投資失敗保険」と割り切って満額払ってる

シェアする

スポンサーリンク
年金手帳(青)

国民年金は「免除」を使わずに保険料を満額払っている。

【Amazon Mastercard】国民年金保険料のクレジットカード納付はポイント対象外!【払ってしもたがな】
ポカをやってしまった。 大ショック! 「Amazon Mastercard」はポイント目当ての国民年金保険料のクレジットカード納...

「国民年金保険料の免除」を申請すると、ひょっとしたら適用されるかもしれない。

が、免除の申請はしていない。

国民年金は「長生き保険」「投資失敗保険」と割り切っている。

スポンサーリンク

長生き保険

国民年金の年金保険料が免除になると、出費が減るので助かる。

ただ、老後の年金受給額も減る。

もし、意外に長生きしてしまうと、免除による年金受給額の減額は痛い

なので、国民年金は「長生きしたときの保険」と割り切って全額払っている。

投資失敗保険

国民年金保険料を免除にしたとする。

本来は払うはずのお金が手元に残るので、そのお金を投資に回して、免除で減額される年金受給額を超えるリターンがあれば「免除して正解」となる。

要するに、「日本年金機構にお金を払うより、自分で資産運用した方が儲かる」と考えるならば「国民年金保険料の免除」を申請したほうがいい。

もし投資に失敗したら「国民年金保険料を全額払っておいた方が良かった」となる。

もし投資に失敗しても国民年金(老齢基礎年金)が満額支給されるなら、老後の家計は助かるだろう。

なので、国民年金保険料は全額払っている。

年金制度の改悪リスク

少子高齢化・低成長などで年金受給額が減らされるリスクがある。

少子高齢化は既定路線なので、問題は経済成長がない場合だ。

経済成長(つまりインフレ率)が低調ということは「デフレ」ということだ。

「デフレ」の対策は簡単で「現預金」を多く持てばいい

セミリタイア資金の「現預金」の割合を増やせばいいと考えている。

逆に、インフレについては年金制度に対策が組み込まれているので特に心配はしていない。

日本の年金制度に組み込まれている素晴らしいインフレ対策
「日本の年金制度は素晴らしい」なんて書くと反論されるかもしれない。 「少子高齢化で日本の年金制度は破綻寸前」というのがメディアの論調だ...

なんだかんだ言っても、低コストで暮らすのが最強の対策。

貯金100万円と月15万円の年金だけで無理な節約をせずに老後を生きる
もう、老後のために何千万円もの貯金を用意する必要はないし、リタイア後の生活費を補うためのバイトもいらない。 中町敏矢『あんしん・お気楽...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS