「米ドルMMF」の購入で2019年の投資を締めくくった

シェアする

スポンサーリンク

2019年の投資は「米ドルMMF」の購入で締めることになりそうだ。

なぜ米ドルMMFを買ったのか。

それは、米国株ETFの配当金が入ったからだ。

米国株ETFの配当金は、米ドルで支払われる。

スポンサーリンク

米ドルMMFの利回り

米ドルを証券会社の口座で持っていても利息がつかない。

米国株を買えるほどたくさんあるわけでもない。

今のところ、日本円に換金する必要性もない。

なので、米ドルMMFを買うことにした。

買ったのは「ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド」だ。

参照ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(SMBC日興証券)

年換算利回り1.115%(課税前、適用日:2019.12.19~2019.12.25)だった。

現金で持っていて利息0%でいるよりはマシだ。

米ドルMMFの投資先

今回わたしが購入した米ドルMMFは何に投資しているのか?

目論見書によると、組入銘柄上位10位は次のとおり。

米ドルMMF 組入銘柄上位10位

出典運用レポート(米ドルMMF)(2019.11.30 SMBC日興證券)

上位2つの「LANDESKREDBK BADEN-WURTT 0%」とは、ドイツの地方政府バーデン=ヴュルテンベルク州(Land Baden-Württemberg)の州立開発銀行のドル建て債券のようだ。

参照Landeskreditbank Baden-Wuerttemberg – Foerderbank – (L-bank) (United Nations Environment – Finance Initiative)

在日本ドイツ大使館・総領事館のサイトによると、バーデン=ヴュルテンベルク州人の気質は「発明家精神と行動力、勤勉と倹約」とのこと。

参照バーデン=ヴュルテンベルク州(ドイツ大使館・総領事館)

米ドルの金融商品だけど、EUの経済に左右される?

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS