新型コロナウイルスの「デマによる品薄」が心配

シェアする

スポンサーリンク
toilet paper

新型コロナウイルスの「デマ」でトイレットペーパーが品薄になるケースがあったようだ。

参照デマ拡散、トイレットペーパー消えた 「在庫は十分」(2020.2.28 朝日新聞デジタル)

トイレットペーパーが心配になる気持ち、わかる。

わたしも先日、スーパーに行ったときにトイレットペーパーの棚が「がらん」としていたのを見て「トイレットペーパーがマスクのように品薄になるのか」と心配した。

新型肺炎の影響でトイレットペーパーも品薄?
2020年2月中旬、スーパーで買い物していたら、トイレットペーパーの棚が少し「がらん」としていた。 ひょっとして新型肺炎の影響か。 ...

思わず1パック(12ロール)買ってしまった。

スポンサーリンク

トイレットペーパーが山積み

先日(2020年2月下旬)、スーパーに行ってみるとトイレットペーパー・ティッシュペーパー・キッチンペーパーといった「紙製品」が山積みになっていた。

1973年(昭和48年)のオイルショック時のような「トイレットペーパー騒動」にならないよう、スーパー側が「在庫は十分あります」とアピールするためにあえて「山積み」にしたのだと思う。

幸い、パニックになった客がトイレットペーパーに殺到している様子はなかった。

マスクも当初は山積みだった

ただ、商品が山積みだからといって、わたしは素直に安心できなかった。

マスクも当初は「山積み」だったからだ。

2020年1月下旬頃、新型コロナウイルスに備えて「マスクを買っておこう」と思い、ドラッグストアに行ったときはマスクは店の入口に「山積み」だった。

その数日後、マスクは商品棚から消え、1ヶ月以上見ていない。

トイレットペーパーはマスクのように売り切れになることはないと思うので、冷静に行動したい。

参照「トイレットペーパー、ティシューペーパーの供給力、在庫は十分にあります」(PDF)(2020.2.28 日本家庭紙工業会)


※上記は2020年2月29日時点の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS