Amazon Fire TV Stickの画面の動きが遅いときの対処法

シェアする

スポンサーリンク
tv

最近、Amazon Fire TV Stickの画面の動きが「遅い!」と感じることが多くなってきた。

リモコンのボタンを押しても反応するのが遅かったり、画面が消えて黒くなったりする。

例えば、リモコンの再生ボタンを押したとする。

番組は再生されず、固まる。

何回再生ボタンを押しても、固まるか画面が消えて黒くなる状態になる。

10分くらい「再生ボタンを押す→固まる or 画面真っ黒」を何回も繰り返して、やっと再生が始まる。

つまり、「Fire TV Stick」の電源を入れてから番組を再生するまで10分以上かかるのだ。

スポンサーリンク

そろそろ買い換え時か

今使っている「Fire TV Stick」の購入時期をAmazonの「注文履歴」で調べたら2016年3月だった。

現在は2020年3月なので、もう4年使っている。

機種は「2015年発売モデル」だった。

ということは5年前の機種か。

「そろそろ買い換え時か……」とあきらめかけた。

復活法

だが、「買い換えるのはまだもったいない!」と思い、ネットで対処法を調べて実践したら「復活」した。

Fire TV Stickの画面の動きがウソのように早くなった。

わたしが実践した方法は「アプリケーションのキャッシュの削除」だ。

手順は次のとおり。

  1. Fire TVメニューから設定を選択します。
  2. アプリケーションに移動します。
  3. インストール済みアプリケーションを管理で、問題のあるアプリを選択します。
  4. キャッシュをクリア、データを消去の順に選択します。

出典Fire TV端末でアプリのデータとキャッシュをクリアする(Amazon ヘルプ&カスタマーサービス)

上記の手順3には「問題のあるアプリを選択します」とあるが、わたしはファイルサイズが大きい(数十MB)のアプリのキャッシュはすべて削除した(この方法が「ベスト」かどうかはわからない)。

これで快適なAmazonプライムビデオライフが戻ってきた。

とはいえ、近い将来いずれは買い替えるときが来るのだろう。

とりあえず一件落着。

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
Amazon (2019-01-23)
売り上げランキング: 1
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS