「クビと言われた」ということは上司との人間関係が終わっている

シェアする

スポンサーリンク


YOMIURI ONLINEジョブサーチの働く法律のきほんというコーナーで、

突然、上司に「明日から来なくていい」と、クビを言い渡されました。受け入れるしかないのでしょうか。


という相談が寄せられていた。回答を簡単にまとめると、

・正当な理由なくして解雇はできない
・解雇予告の必要性……少なくとも30日前に予告するか、即日解雇なら30日分の手当を払う
・退職勧奨されても退職意思がなければはっきり言う

ということだった。

私なら、
いきなり従業員に「クビ」と言うような無神経な会社とは早く手を切った方がいい。
と回答したい。

どのような経緯で「クビ」と言われたかはわからないが、確実なのは上司との人間関係が完全に終わっているということだ。上下の人間関係が成立していない、もしくは対立している職場で働くというのは超過大なストレスがかかる。いくらお金のためだけの会社と言っても長く働き続けるのは無理だ。職場環境が厳しい会社は「ブラック企業」と言われるが、会社がブラックでなくても、人間関係がブラックならばそこは「ブラック企業」なのだ(もちろん企業だけではなく「ブラック省」「ブラック署」「ブラックNPO」というのもあるだろう)。

仮に労基署のサポートや裁判で解雇の撤回を勝ち取ったとしても、何食わぬ顔で働き続けるのは精神衛生上よくない。訴訟を提起したとしても、損害賠償金と退職金を受け取って、それを資本に次の人生を歩みだしたほうがいい。

<参考>

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS