ブログの収入が激減してもあわてないための3つの対処法

シェアする

スポンサーリンク
blogging

他の方が書いたブログ(特にセミリタイアブログ)を読んでいると、最近「収益が減っている」という記事をよく見かける。

ブログの収入減少の理由としてよく挙がっているのが次の3つ。

  • Googleの検索アルゴリズムのアップデートで検索結果の表示順位が下がった
  • コロナによる不景気で広告単価が下がった
  • ブログのアクセス数が減っている

といった理由で、主に「Google Adsense」の広告収入が減っているとのこと。

ブログの収入が伸びない、または減っているときはどうすればいいか?

どうしようもない(笑)。

では味気ないので、3つの対処法を紹介したい。

スポンサーリンク

①収入源の分散

ひとつめは、「収入源の分散」だ。

ブログの収入は「水物」だ。

公務員や正社員の給料みたいな「安定」はない。

どんな完璧な対策を取っても収入が減ることはある。

なので、ブログ以外の収入源を複数つくっておく。

わたしはブログを含め5つの収入源を持っている(2020年8月現在)。

50代のセミリタイア8年目を支えた5つの収入源
昨年(2019年)、セミリタイア生活8年目を支えた5つの収入源の割合をグラフにしてみた。 2011年に会社を辞めて8年かけて、これらの...

収入源が複数あれば、ブログの収入が減っても他の収入源でカバーできる。

すべての収入源の収益が減ったら……そのときは貯金を取り崩したらええやん。

②ブログの目的を「お金」にするな

ふたつめはブログ運営の目的を「お金」としない、だ。

古代ギリシャの哲学者アリストテレスによると、「お金を目的にした仕事は結果が出にくい」そうだ(『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』(小林 昌平(著), 文響社, 2018)』より)。

「お金は追えば追うほど逃げていく」は真理だ、とわたしは考えている。

ブログの目的を「お金」としているかどうかをチェックするのは簡単だ。

もし一生遊んで暮らせるだけの莫大な貯金があれば、ブログを書きますか?

という質問に「No(書かない)」と答えるなら、「お金を目的にブログを書いている」とわかる。

「お金を追いかけるブログ」から、「読者の価値を高めるブログ」にして継続していけば結果としてお金がついてくる、とわたしは思う。

お金の心配をせずセミリタイアや老後を楽しむための本3冊
会社を早期退職してセミリタイアするのも、人生100年時代の老後も「お金がかかる」と思うのが常識だ。 厳しめに必要な金額を見積もると「億...

ブログ運営のノウハウは、書籍やYouTubeの動画等がたくさんあるので勉強してほしい。

③ブログの収入を「ノルマ」にしない

「ブログの収入が減っている」ことを気にするということは「ブログの収入に依存している」ということだ。

まさか、ブログの収入を「ノルマ」にしているのではないか。

「ブログで月5万円稼ぐ!」みたいな目標を立ててないだろうか?

ブログの収入なんて「水物」だから、どうなるかわからない。

「ブログで安定的に収入」があることを前提とした人生計画(特にリタイア計画)を立てるのは危険だ。

なので、ブログの収入はアテにせず、「収入があればラッキー」くらいに思っておいた方がいい。

以上、わたしが実践している3つの対処法を紹介した。

セミリタイアブログを精神的に安定して長く続ける5つの秘訣
先日(2019.9.2)で当ブログは6年間続けることができた。 6年を突破した記念として「どうすればブログを長く続けられるか」を考えて...
アクセス数や生活費を稼ぐために毎日ブログを更新するのに疲れたあなたへ
ブログの記事の更新を長期間止めるとどうなるか。 アクセス数が下がる。 収益が下がる。 だから、記事を毎日更新しないと怖い。...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS