はちみつが白くなって固まったときの対処法

シェアする

スポンサーリンク

かなり前に買った「はちみつ」が白くなって固まっていた。

こんなかんじ。

結晶化したはちみつ

買った当初は黄金色っぽい「はちみつ色」だったのに。

食べてもいいのか?

調べた結果、食べてもいいことがわかった。

もうちょっとで「腐敗している」と勘違いして捨てるところだった。

ネットで調べてよかった。

スポンサーリンク

はちみつの結晶化

はちみつが白く固まる現象を「結晶化」と呼ぶそうだ。

白く固まってしまう現象、これが「はちみつの結晶」です。結晶ははちみつ本来の特性であり、品質にはまったく問題ありません。

出典はちみつの結晶化について(加藤美蜂園本舗「はちみつカフェ」)

上記のとおり品質に問題はないそうなので捨てる必要がない。

安心した。

結晶化の原因は低気温だそうだ。

わたしのはちみつも固まりだしたのは2021年の冬だった。

結晶を溶かすかそのまま食べるか

はちみつが白く固まっている「結晶」の状態でも品質に問題はないのでそのまま食べても問題はない。

どうしても「結晶」から元のはちみつ色の状態に戻したければ「湯煎」で結晶を溶かせばいいそうだ。

参照結晶の溶かし方(加藤美蜂園本舗「はちみつカフェ」)

ただし、30分~1時間かかる。

わたしは「時間をかけてまで結晶を溶かす必要はない」と判断して、白く固まったまま使うことにした。

<参考動画>

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS