金融庁版「うんこドリル」を解いてお金について学んだ

シェアする

スポンサーリンク
yen

金融庁の小学生向け金融教育教材「うんこお金ドリル」の問題を解いてみた。

参照うんこお金ドリル(うんこ学園)

問題を解けば、次のような「お金の知識」を身につけることができる、「お得なドリル」だ。

  • お金を稼ぐ方法
  • お金をためる方法
  • お金をふやす方法
  • お金を守る方法
スポンサーリンク

問題は7問

わたしが解いた「うんこお金ドリル」の問題は全部で7問だった。

大人なら、全問解くのに5分もかからないだろう。

金融知識が豊富な個人投資家なら1分もかからないかも。

ちなみに、わたしは全問正解だった。

お金に対する「ふつうの常識」があるなら、全問正解は簡単なはずだ。

友達に「お金を貸して!」と言われたら

ドリルの中にこんな問題があった。

友達から「お金を貸して!」と言われた。

どうすればいい?

お金は命の次に大事だ。

よい子なら答えはわかるよね?

お金を貸すのは借りる以上にストレスがたまるよ。

学校の勉強や遊びで忙しいのに、利息を計算したり、貸したお金を回収したり、「貸し倒れ」におびえたりするなんて、いやだよね。

「貸し倒れ」とは貸したお金が返ってこないことだよ。

正解はドリルで確認してほしい。

参照小学生向けコンテンツ「うんこお金ドリル」の公表について(令和3(2021).3.18 金融庁)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS