電卓のキー操作でわかるお金持ちと貧乏人の違い

家計簿をつけるときに電卓をたたいていてわかった。
お金があるとき、ビジネスが好調なときは電卓の「×」ボタンをよく押す。
なぜなら、「投入資金×利回り」を計算することが増えるからだ。
逆に、調子が悪い時は「+」「-」をよく使う(特に「-」)。
収入から支出を引いて残金を確認することが多くなるからだ。
今後も掛け算で資金計算できるようにしていきたい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader