なぜ40代で会社を辞められたのか?

シェアする

スポンサーリンク
sea

答えは「貯金があったから」。

身も蓋もない答えだ。

30代の後半から、サラリーマンは性に合わないと感じていた。

なのに退職に踏み切れなかった理由は3つあった。

  • 退職後の生活をまかなうだけの貯金がない
  • 抱えている仕事があったから、途中で投げ出すのは会社や顧客に迷惑がかかる
  • プータローというのは世間体が悪い

(退職した今から考えると、すべて「妄想」に過ぎなかったのだけど)

スポンサーリンク

貯金ができたので辞めた

そのうち、節約や株式投資等でリタイヤ資金が貯まってきた。

「無駄遣い浪費をしなければ、何とかやりくりできるだろう」と判断して、退職に踏み切った。

上司に退職を表明したら、重石がすべてとれたように、気分が軽くなった

あんなに気分が軽くなったのは生まれて初めてだった。

投資より節約

40代までにまとまったお金を作るには株で一発当てて……という考えはなかった。

株式投資は少しやっていた

が、貯蓄については株式投資の成績より節約の方が効果があった。

株式投資はどうしても勝敗があるので、普通の素人が莫大な金を短期間で作るのは難しいと思う。

節約がメインで、株式投資はオマケみたいな感じだった。

サラリーマン時代はずっとデフレで株価は低迷していたが、うまく節約すればリスクを取って株式投資しなくても、早期リタイアするだけの資金は貯まる。

50歳で早期リタイアを目標としたなら、もっと楽勝だったかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS