青色マニア

シェアする

スポンサーリンク
nature blue

次の「青色」の名前がわかれば相当な青色マニアか、フランス絵画にくわしい人だ。

ikb_blue


これは、フランスの画家イヴ・クラインが開発した「インターナショナル・クライン・ブルー(IKB)」と呼ばれる青色。

放送大学「美学・芸術学研究」の講義で紹介されていた。

クラインの「青のビーナス」という作品で使われていた青のモノトーンが非常に印象的だったので、カラーコード(コンピュータ上で色を表示するための文字列)を調べてみた。

画像からカラーコードを割り出す方法は、Yahoo!知恵袋によると、

ペイントで画像を開いて、スポイトのマークで吸い取ったら
色→色の編集→色の作成
に吸い取ったカラーのRGB値(10進数)が出てます。
それをRGBの順で16進数になおしてつなげる。

「画像の色からカラーコードを調べる方法」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413529029

※ここでいう「ペイント」とは、Windowsに付属している画像加工ソフト「ペイント」のこと。

ペイントで調べた結果、「インターナショナル・クライン・ブルー」のカラーコードは
R:G:B=34:30:185=#221eb9

美学・芸術学研究 (放送大学大学院教材)
青山昌文
放送大学教育振興会
売り上げランキング: 252,471
ポスター イヴ クライン IKB65、 1960
イヴ クライン
売り上げランキング: 1,626,497
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS