ネットで顔写真や本名を公表するのは怖い

シェアする

スポンサーリンク

東京三鷹市の女子高生殺人事件後、ネットに掲載されている彼女の顔写真が一気に広まっている。こういうのを見ると、必要もないのにネット上に顔写真や本名を公表するのは避けたほうがいい、と強く感じる。

彼女のように芸能活動していたり、ビジネスで営業上やむをえない場合は仕方ないが、素人が安易に顔写真や本名を公表してもメリットは何もない。

わたしが、顔写真と本名の公表は避けたほうがいいと思う理由は次の3点だ

1.死後に、勝手に写真がネット上にばらまかれる

2.顔写真と本名で自宅や学校・勤務先が特定される

3.ネット上に掲載した顔写真が無断で転用・転載される

仮に、匿名で活動していても先日の桜塚やっくんの交通事故のニュースのように、芸名と本名が報じられてしまう場合がある。本名を公開していいと、生前に本人から確認をとったのだろうか?

生前は匿名で活動してきて、本名を隠してきたのに、自分の死後に本名がさらされる、なんてことはあるだろうか?

ネットビジネスにはtwitterやFacebookなどのSNSの活用が欠かせないとよく言われるが、プライバシーと平穏な生活だけは何億円積まれても、譲れない。少なくともわたしは、プライバシーを切り売りしてお金を稼ぐ必要はないし、これからもないだろう。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS