退職する前に『ナニワ金融道』でお金の勉強をした

シェアする

スポンサーリンク

サラリーマン時代に青木雄二著『ナニワ金融道』を読みあさった。

本書では「手形」がよくでてくる。

手形の書き方も知らずにサラリーマンをやるというのは、無免許でクルマを運転するようなものだ、と思った。

本書を読んだ後に、手形の実務の本を買って読んだ。

手形の裏書をしたり連帯保証人になるということは、「一緒に借金を背負い、地獄に同行します」と宣言するようなもの。

サラリーマンのスキルアップといえば、「語学やIT」と思いがちだ。

加えて「金融知識」も必要だ。

金融知識がないと、あっさり底辺に転落してしまう……本書を読んでそんな危機感を抱いた。

本書で注意すべきなのは、出版後に法改正がされている点だ。

例えば、本書の中では「短期賃借権を打たせてもらうで」というセリフがよく登場する。

が、現在は「短期賃貸借制度」は廃止されている(平成15(2003)年の民法改正)。

まさに本書に出てくる「帝国金融」のように「短期賃借権制度」が悪用されて、本来あるべき抵当権の実行を妨げたためだ。

サラリーマンだけでなく、ビジネスをする人なら次の知識があったほうがいいと思う。

  • 簿記3級以上
  • 有価証券の知識(手形、小切手、株式、債券)
  • 行政書士(民法は必須、余裕があれば憲法、行政法、会社法、商法も)
  • 社労士(労働法、国民年金、厚生年金の知識)
  • 消費者関連法規(特定商取引法、消費者契約法)

お金に切羽詰まった者は個人でも会社でも、簡単に他人を裏切り、ダマす。

ダマされないようにしっかりと武装しておかねば、と思わせてくれるマンガだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS