内部留保の定義がやっとわかった

「大企業は溜め込んだ内部留保を取り崩せ」でおなじみの「内部留保」。いったい何を取り崩すのか疑問に思っていたが、「しんぶん赤旗」の記事に答えが載っていた。

内部留保の額(利益剰余金、資本剰余金、負債性引当金の合計額)を計算し、……

大企業の内部留保 1年で10兆円超増 トヨタ8300億・三菱UFJ6000億・ソフトバンク4000億円…」 (2013.6.5 しんぶん赤旗)


つまり貸借対照表の資本の部の「利益剰余金」「資本剰余金」、資産の部の「貸し倒れ引当金」のことを「内部留保」と呼んでいるらしいのだ。

今回の集計結果では、内部留保を増やした大企業の多くは、既存の内部留保を取り崩すまでもなく、増加分の数%程度を回すだけでも、「月1万円」の賃上げが可能だということが明らかになりました。(同記事)


記事の筆者は「利益剰余金」「資本剰余金」「貸し倒れ引当金」が「自由に利用可能な現預金」で存在していると勘違いしている(または読者に勘違いさせようとしている?)。貸借対照表の資産の部の何かに化けているが、現預金とはかぎらない。

企業の現預金は決済や資金ショートに備えた最低限の金額しかないはずだ。使い道のない預貯金がたくさんあるということは、資金を効率的に使っていないということだから、経営者として問題がある。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader