2012衆議院解散から1年、株高・円安・国債高

シェアする

スポンサーリンク

昨年の衆議院解散(11月16日)から1年経過した。日記を読み返すと、株価と為替が書いてあった。昨年11月16日の数値と現在(11/15 20:00)の数値を比較する。

日経平均株価 9,024.16→15,165.92(1.68倍)

NYダウ 12,588.31→15,876.22(1.26倍)

米ドル 81.24→100.38(1.24倍)

日本国債(10年)利回り 0.73→0.63

株、為替、国債、何をやっても儲かる状態だった(^○^)。

わたしの場合は、特に買い増しはしなかった。欲をかいたら大けがをすると思ったからだ。

東保裕之著『株式投資これだけはやってはいけない (日経ビジネス人文庫 (と3-1))』によると、株式投資で危険な「方針変更」は、

・目標を引き上げること

・投資金額を引き上げること

だ。上げの局面で心にスキができてイケイケドンドン状態になって現金を投入する……こわいこわい。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS