鳩はチムボコ

米原万里著『魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章』 (新潮文庫 1999)を読む。

鳩はベトナム語で「チム・ボコ」と言うらしい。このように日本語と語呂合わせで単語を覚えると二度と忘れない。

試しにGoogle翻訳(http://translate.google.co.jp/)で「ハト」と入力して、日本語からベトナム語に訳してみると「chim bo cau」という単語が出てくる(アルファベットについているベトナム語の飾りは省略)。発音させてみると「チム・ボー・コウ」と聞こえる。このように発音するのだから、受け入れるしかない。

「チム」というのは鳥類の単語につける冠詞らしい。

(例文)
私はハトを飼っています。 トイ ダー フー チムボコ。
私はハトが好きです。 トイ チッツ チムボコ。

※ベトナム語の発音はGoogle翻訳から聞き取った発音を書いただけなので、正しいかどうかはわからない。

ところで、同書によると、ロシア語の「ホイ」が日本語のチムボコ(?)に相当するそうなので、ロシアでは「ホイホイ」と言わないほうがよさそうだ。

「ゴキブリホイホイ」はロシアでは売っていないのだろうか。

640px-Russian_word_huy

ネットでロシア語の「ホイ」について調べてみると、ブログ「山猫文庫第3版」の記事「フイ高地、指とチンポコ」という記事に、

確かに、露日辞典を引いてみると“хуй”という単語が載っており、「<卑>男性性器」となっています。


とある。Google翻訳で“хуй”と入力して発音させると、確かに「ホイ」と聞こえる。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader