会社を無断欠勤した先輩の末路

シェアする

スポンサーリンク

休日が終わる前は無断欠勤してでも休みたくなるもの……。

10年以上前のサラリーマン時代の話だが、同じ部署の先輩が1週間ほど無断欠勤したことがあった。

ある日を境に、先輩が出社してこなくなった。

前日、上司と仕事の進め方をめぐってモメたのが原因らしい。

わたしが先輩の携帯にかけてみると不通だった。

スポンサーリンク

音信不通

自宅の固定電話にかけてみてもかからない。

どうやら電話線を抜いているようだ。

上司にどうなっているのか確認してみると、上司のメールアドレス宛に「退職する」という内容の「置き手紙」をメールで送っていたようだ。

先輩の仕事はわたしに振られ、2人分の仕事をすることになった。

処分

結局、先輩は1週間ほど無断欠勤したのちに出社してきた。

会社からは特におとがめはなし。

てっきり「出勤停止」「解雇」などの懲戒処分になると思っていたが、何もなし。

先輩も、「どれくらい休んだら罰せられるか」だいたいわかっているようで、懲戒処分に引っかかる直前になって出てきたようだ。

「無断欠勤」することで会社に反抗しながらも、懲戒処分は怖いのでギリギリのところで出社して恭順の意を示す。

無鉄砲なようで実に政治的な駆け引きがうまい人だ。

不要の証明

その後人事異動があり、先輩は別の部署に行き、先輩の仕事はわたしが引き継ぐことになった。

先輩が無断欠勤したせいで、2人でやっていた仕事が1人でできることが証明されたのだから……。

無断欠勤によって自ら「不要」であることを証明してしまうという皮肉な結果になった。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS