正社員と専業主婦の特権を捨てて「平等」を目指したいか

シェアする

スポンサーリンク

「男女格差報告2013年版」男女平等、フィリピンが世界第5位に躍進(橘玲☓ZAiONLINE 海外投資の歩き方 2014.1.10)という記事によると、フィリピンが男女平等(というより女性上位)社会である一方、日本は136カ国中105位と下位にあるとのことだった。

日本が下位である原因は、法律で男女不平等を作ってしまったからだ。日本では、

男性(夫)は正社員、女性(妻)は専業主婦

であれば利益が最大化するように法律が整備された。戦後の経済復興を果たすにはこの制度が最適だったのだろう。男性は失業、転職の心配をせずに仕事に専念し、女性は家庭で家事育児に専念する。正社員はあまりにも優遇されすぎているから、数が限られている。当然男女すべてが正社員になれるわけではない。慣習上、正社員はほとんど男性だ。よって男女格差が非常に大きくなる。

フィリピンはどうだろうか?日本の正社員のように、民間企業の社員なのに解雇ができないような制度があるとは思えない。男女とも不安定な雇用のなかで懸命に働らいて生活費を稼がないと食べていけないのではないだろうか?

「日本も男女平等を目指せ!正社員や専業主婦の制度を廃止してでも男女平等を目指すべきだ!」と言う人は少ないのではないか。

自分の既得権キープは必須。男女平等?そうなればいいですね。

くらいの気持ちではないだろうか?

※記事では、

大志をいだく日本女性は、閉塞感のある日本を抜け出して、ぜひフィリピンに渡って思う存分能力を発揮してほしいと思う。


と書いてあるが、日本女性がフィリピンでフィリピン女性と同等の地位に就くには、
・両親とフィリピンに移住する
・官庁か大企業に就職して出世する
・フィリピン人男性と結婚する
・出産後は自分の両親、兄弟姉妹、メイドに子守をしてもらって自分は仕事に専念できる体制を作る
というのが必要みたいだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS