「43歳で失業」をチャンスに変えてオリンピック選手に転身

シェアする

スポンサーリンク

ソチ・オリンピックの開会式は生放送で2:30時頃まで観ていた。選手入場が終わったところで眠気に勝てず就寝。

選手入場の際、とある中南米の国(具体的な国名は思い出せない)の実況で次のように話していたのが印象に残った。

「43歳で金融機関を失業したのを機にオリンピックの代表選手に」

失業をチャンスに変えて別の道に進んで成功する……もし、サラリーマンの身でこれを観ていたら13000%「うらやましい!」「見習いたい!」と思っただろう。

新卒で就職して、定年まで我慢し続けて、老後は年金で細々と生きる

これしか生きる方法がないと思っていたから。ほとんどの日本人にとって、もしリストラでこの王道から外れたら、何としてでも戻る(再雇用される)ことしか生きる方法がない(と思い込んでいる人が多い)。

しかし、オリンピックの選手入場を観ているだけでも、実際に色々な生き方があるのがわかった。2時まで夜更かしした甲斐があった。

おかげで今日はめちゃくちゃ眠い。毎日こんな夜更かし生活はできそうにない。競技は録画で見るのがメインになるだろう。

※中国の旗手が佐々木蔵之介に似ていた。どうでもいいことだが気になったので記す。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS