年度末の無駄な道路工事は憲法を守るため?

シェアする

スポンサーリンク


役所の予算は年度末までに1円残らず使いきらないといけない。

この「鉄の掟」があるため、予算が余りそうになると無理に使おうと躍起になる。

民間企業ならば予算内におさめれば評価され、余った予算は翌年度に繰越できる。

なぜ役所はダメなのか?

倉山満『検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む 』(光文社 2012)によると、

「役所の予算も翌年度繰越を可能にして無駄使いを減らそう」

と旧大蔵省が動いたらしい。しかし、内閣法制局に

「予算の翌年度繰越は憲法違反!」

として却下されたらしい。根拠は日本国憲法86条。

第八十六条  内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。


毎会計年度と明記されているが「解釈改憲」で「”毎”とは1年とは限らない」というのはだめか?

財政破綻してでも憲法を守りたいのだろうか。民間企業ではこういうのは「マニュアル人間」としてあまり高く評価されないのだが……。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS