無理しないことを心がけていたら退職するという結論になった

早期リタイア生活の理論書と勝手に位置づけている『老子』。

退職前に何度も読んだ一節は、

企(つまだ)つ者は立たず、跨(また)ぐ者は行かず、自ら見(あらわ)す者は明らかならず、自ら是(よし)とする者は彰(あら)われず。自ら伐(ほこ)る者は功なく、自ら矜(ほこ)る者は長(ひさ)しからず。

つまさきで背のびをして立つものは、長くは立てない、大股で足を広げて歩くものは、遠くまでは行けない。自分で自分の才能を見せびらかそうとするものは、かえってその才能が認められず、自分で自分の行動を正しいとするものは、かえってその正しさがあらわれない。自分のしたことを鼻にかけて自慢するものは、何ごとも成功せず、自分の才能を誇って尊大にかまえるもの、長つづきはしない。

金谷治『老子』(講談社学術文庫) p.81-82


一言で言えば「無理はするな」ということだと解釈している。

仕事で無理をしても長続きはしない。

スポンサーリンク

会社の欲望は無限

会社では目標をクリアしても翌年度はさらに高い目標(というよりノルマ)を課せられた。

まるで「ゆすり・たかり」の被害にあっているような状態になってしまった。

正社員でいることの「期待値」が下がり、リスクに見合ったリターンが期待できなくなった。

マイナスのリスクばかりが目立つようになった。

「無理はしない」ということを実践しようとすると「退職する」という結論になった。

正社員でいつづける苦しさ

世間では「正社員になればバラ色」といった風潮があるが、そんな甘いものではない。

正社員というのは既得権益ではない。

無限に膨張する会社からの要求に応えていくだけの卑屈な精神と、過労死しないだけの体力が求められる。

わたしより前に退職して独立していった先輩が「ここで生き残りたければスーパーマンにならないといけない」と言ったが、そんなのにはなれないし、なりたくなかった。

年収数百万円のスーパーマンなんて割に合わない。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader