今日でWindowsXPとOffice2003のサポート終了

シェアする

スポンサーリンク

今日2014年4月9日でWindowsXPとOffice2003のサポートが終了となる。

家には2003年に買った「WindowsXPとOffice2003」搭載のPCが1台ある。これもネットに繋げなくなるのか。

スポンサーリンク

Windowsって、維持コストがバカにならない


個人は最悪PCを買い換えれば済むが、XP搭載のPCが何台もある企業は、新OSの切り替えやアプリケーションの動作確認、プログラム改修にコストがかかる。市販のアプリケーションならメーカーからアップデート版が出るが、自社で開発したアプリケーションは自分でアップデート版を作らなければいけない。

Windows Updateを適用する度にアプリケーションの動作確認作業が発生するし、今回のようにサポートが切れたらOSの切り替え作業という大イベントが発生する。

OSの切り替えのために、中小企業向けに政府が補助金を出すのはどうだろうか、と考えたが、税金がマイクロソフトに流出する格好になりだけなのでちょっとダメだな。

企業のOS切り替えは必須


資金に余裕がない企業の中にはXPを使い続けるところがあるようだが、これは非常に危険だ。もしサポート終了後のXPの脆弱性が原因で、取引先のコンピューターにウィルス感染させてしまえば信用を失う。4月9日以降に業務でXPを使うということは、自動車保険と車検が切れたクルマを営業車として使うようなものだ。借金してでもOSは切り替えるべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS