ジャパンネット銀行のVisaデビットカードを2週間使って感じたメリット、デメリット

シェアする

スポンサーリンク

ジャパンネット銀行のVisaデビットカードを使い始めてから約2週間経過した。使ってみて感じたメリット、デメリットを書いてみた。

スポンサーリンク

メリット


支払いが現金よりもスムーズ
現金払いだとお札、小銭を出すのに時間がかかっていた。例えば980円払う時に1080円を財布から出す時、札入れから1000円札、小銭入れから80円出していた。

外出先で頻繁にカードを使うと、現金よりもスムーズに払いやすいことを実感する。

使うとキャッシュバックがある
還元率1.0%のキャッシュバックがある。ジャパンネット銀行の場合はキャッシュバックモールの店舗で100円以上(税抜き)買い物した場合に、利用額の1.0%の現金がジャパンネット銀行の口座に振り込まれる。

例えば、Yahoo!ショッピングで使うと、「現金が1%バック+Tポイント」のダブルインカム。

デメリット


サインが面倒
いちいちレジでサインを求められる。頻繁に使う場合、カード裏のサインはフルネームより、簡単なサインにしておいたほうがいいかもしれない。ただし、他人に簡単にマネされないようなサインでないといけないが。

残高がわからない
支払い時に「残高不足」とならないようにするためには、口座の残高を覚えておくか、メモしておかなければいけない(またはATMで残高照会)。もし、残高が足りなさそうならATMから入金するという手があるが、財政規律が崩れるのであまりやりたくない。

無駄遣いが気になるならデビットカード


クレジットカードでもスムーズに支払いできるが、「預金残高<利用限度額」の場合、預金残高を超えて使う恐れがある。後日入金されるなら問題ないが、無駄遣いのリスクがある。

デビットカードは預金残高を超えて使うことはできない。財布にはデビットカードだけを入れておいてクレジットカードは家においておけば、無駄遣いを防ぐことができる。



スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS