新札を銀行の両替機で手に入れた

シェアする

スポンサーリンク
ATM

来年のお年玉などに使う「新札」(使っていないキレイなお札)を手に入れるために銀行に行った。

ネットで新札を手に入れる方法を調べると、銀行の両替機を使うのが一番簡単そうだったからだ。

今まで銀行の両替機を使ったことがなかったので「両替機初体験」も兼ねて銀行に行ってみた。

スポンサーリンク

両替機を使う

両替機はATMから少し離れた、店舗の奥の方にあった。

使うには「キャッシュカード」が必要だ。

つまり、口座を持っていないと両替機は使えない。

両替機にキャッシュカードを挿入する。パスワードは必要ないようだ。

両替する紙幣・貨幣の種類・数量を選択する画面が出る。

わたしの場合、「ふつうの紙幣→新札」への両替なので、両替したい紙幣の種類・枚数を選択した。

無事、未使用と思われる「新札」が出てきた。

手数料など

わたしが両替したのは、三井住友銀行の店舗だ。

両替機の手数料は1回目は無料で、キャッシュカードで500枚まで両替可能だ。

2回目以降は両替機専用カードが必要で、有料となる。

個人がお年玉やご祝儀のために両替するだけなら、キャッシュカードで1回で両替できると思うので、無料でできる。

参照:円貨両替(両替機)(三井住友銀行)

サイトの店舗検索では「その店舗に両替機があるかどうか」はわからない。実際に行ってみないとわからない。

師走の新札の入手は早目に

わたしが銀行に行ったのは12月上旬だ。

年末頃になると、銀行は混む。

「お年玉のための新札需要」は高くなると思う。

両替機に必ず新札がセットされているとは限らない。

お年玉用の新札の両替はお早めに。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS