セミリタイア生活のお供「2000円台のコーヒーメーカー」を購入

コーヒー

レギュラーコーヒーを飲むことが多くなった。

コーヒーはドリッパーで濾して飲んでいたが、いまいち味が薄い

コーヒードリッパー

素人が適当に入れているから仕方ないと思っていたが、それではコーヒーがもったいない

そこで、コーヒーメーカーを買った。

スポンサーリンク

思ったより安いコーヒーメーカー

今はコーヒーメーカーが2,000円台であるとは知らなかった。

買ったのは「象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-TC40-TA」だ。

Amazonで2,091円(OFF:4,389円 (68%))だった(2016年3月2日時点)。

値段がお手頃なせいか、Amazonの「コーヒー・エスプレッソメーカー」で「ベストセラー1位」だった(2016年3月2日時点)。

そして注文。

わたしはAmazonプライム会員なので、注文翌日にコーヒーメーカーが到着した。

象印コーヒーメーカー

コーヒーの味は?

早速、マニュアルどおりにコーヒーを作ってみた。

作り方はシンプルで、水道水をマグカップ(またはコーヒーカップ)に入れて、コーヒーメーカーのタンクに入れる。

カルキをとってコーヒー豆本来のおいしさを引き出す「浄水」機能付き“というのが売りらしいが、水が浄化されておいしくなるのだろうか?

ペーパーフィルター(102)は2枚ついてきたので、とりあえずそれを使った。

マグカップ1杯だと、水をタンクに入れてからコーヒーができるまで約3分だった。

早速飲んでみた。

自分の手で適当に入れていたころより、キチンをコーヒーを濾せている

コーヒードリッパーを使うよりも濃厚な味が出ている。

象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-TC40-TA
象印(ZOJIRUSHI) (2014-09-01)
売り上げランキング: 215

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader