早期リタイアして何をしていいかわからないときに何をすればいいか

シェアする

スポンサーリンク
balloons

早期リタイアしたいけど、できない。

と思っている場合、早期リタイアできない大きな理由は3つある。

  • お金
  • 世間体
  • 何をしていいかわからない

このうち、「お金」と「世間体」は大した問題ではない。

スポンサーリンク

自由とリスク

逆に、

  • 「お金」がないから早期リタイアできない
  • 早期リタイアして「無職」になったら世間体が悪い、かっこ悪い

と思っているうちは、まだまだ「早期リタイア」にほど遠い状態だ。

早期リタイアの目的は「自由時間」を手に入れることだ。

自由にはリスクが伴う。

「お金が不足するリスク」や「世間体が悪くなるリスク」も含めて「受け入れる」必要がある。

「お金」と「世間体」がハードルで止まっていたら「早期リタイア」はかなり難しい。

乗り越えてほしい。

「滅私奉公さえしていれば誰からも批判されない、絶対に損しない、平均的な人生」は捨てる必要がある

そのかわり、

「やりたいことができて、自由に時間を使える世界」が待っている。

会社を辞めて何をすればいいか

お金と世間体の問題はクリアできて、早期リタイアできたとする。

しかし、しばらくすると「ヒマすぎる問題」が襲ってくる。

時間がありあまって、ヒマだ。

自由すぎる時間に、何をしたらいいのかわからない。

勘の鋭い人はわかると思うが、「会社を辞めて何をすればいいのか」という問い自体が無意味だとわかる。

もう自由なんだから「何をすればいいのか」と考える必要すらない。

「何をすればいいのか」と焦ってしまうのは、サラリーマン時代に「何をすれば評価が上がるか(自分だけ得するか)」と考えていた時代の「負の遺産」だ。

何もすることがなければ、何もしないでほしい。

余計なことはしないでいい。

最悪なのが「何か有意義なことをしなければならない」と焦って「余計なこと」をしてしまうことだ。

何もしなくていい。

まとめ

ここまで読めば、早期リタイアできない3大問題の

  • お金
  • 世間体
  • 何をしていいかわからない

がクリアできたはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS