セミリタイア後に貯金がゼロになるのを防ぐ方法

シェアする

スポンサーリンク

セミリタイアしても貯金がなくなるのを心配する必要はない。

「貯金が少ないからセミリタイアできない」と思っている人は心配するポイントを間違えている。

例えば、「40歳・貯金が3,000万円」で早期退職したいと思ったとする。

生活費が年300万円だとすると、

単純計算で10年で貯金がなくなる(300万円 × 10年 = 3,000万円)。

このシミュレーション結果だと、

「セミリタイアは無理」

という結論になる。

それでも、早期退職してセミリタイア生活に入り、貯金がゼロになるのを防ぎたい場合どうすればいいか。

スポンサーリンク

支出とはお金が消えることではない

10年で貯金がゼロとならないようにするにはどうすればいいか。

支出の内容を見直すべきだ。

もし年間支出の300万円のほとんどが「消費」ならば、10年たてばゼロになるだろう。

だから、「支出」に占める「消費」の割合を減らして「投資」の割合を増やす。

「投資」とは将来「収益」となって帰ってくる見込みがある「支出」だ。

お金を他人に渡せば消えてしまうわけではない。

お金は上手に使えば必ず仲間を連れて帰ってくる。

セミリタイア生活で心配する点があるとすれば、「貯金の額」ではなく「お金の使い方」だ。

何に投資すればいいか

では、何に投資すれば将来お金が帰ってくるか。

「投資」で思いつくのは「株」や「投資信託」のような「リスク資産」だ。

もし「リスク資産」がイヤなら、スキルアップでもいいと思う。

わたしはブログを運営しているので、ブログに関する書籍を買ったり読んだりするのは「投資」だと思っている。

セミリタイア生活のような「ストレスをためない生活」をするのも「投資」だ。

「医療費」や「介護費」が浮く可能性があるからだ。

いちばん確実な投資

わたしが考える「いちばん確実な投資」は「やりたいこと」にお金と時間を使うことだ。

最近わたしが「素敵なお金の使い方」と思ったツイートを見つけた。

自分の心身に「含み益」を増やしていけるようなことにお金や時間を使えば、貯金がゼロになることはない

と確信している。

40代でセミリタイアするなら貯金は「3年分の生活費」で安心できる
ひょっとしたら、セミリタイア生活を送るのに何千万円、何億円もの貯金を用意する必要はない? そんな莫大な貯金はいらない。 というの...
40歳までにセミリタイア資金を用意するための心得5カ条
定年前に退職してセミリタイア生活に入る場合、ある程度のまとまったお金が必要だ。 数千万円単位の「セミリタイア資金」を40歳までに用意す...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS