「40代後半・貯金3,000万円で早期リタイア」は現実的か

シェアする

スポンサーリンク
road

当ブログの直近3ヵ月(2018年1月~3月)で一番アクセス数(PV)が多かった記事が、

48歳で貯金3000万円なら余裕でセミリタイア生活が送れる
当ブログの読者の方からメールをいただいた。 「48歳で貯金3000万円だけど、リタイアが可能か?」 というお尋ねだった。 ...

だった。

この記事で「48歳・貯金3,000万円だけどリタイアが可能か?」という読者の方からの質問に回答した。

なぜ、この記事のアクセスが多かったのか考えてみた。

早期リタイアするのに「40代後半&貯金3,000万円が妥当」と思っている人が多いのではないか。

スポンサーリンク

組織での「先」が見える

まず早期リタイアするのに「40代後半」という年齢は妥当か、考えてみる。

40代後半(45~49歳)という年齢は、組織内では競争の結果がほぼ決まっている年齢だ。

40代後半から昇進していくのは一握りの役員候補くらいだろう。

役所や大企業だと「何十人抜きの大抜擢」はほとんど望めない。

ほとんどのサラリーマンは先(ピーク)が見える。

そこで第二の人生「早期リタイア」を考え始める。

貯金3,000万円で早期退職して大丈夫か

次に「貯金が3,000万円」で早期リタイアしても大丈夫か、という問題を考える。

3,000万円という金額は、退職して無収入だと10年足らずでなくなってしまうかもしれないから、ふつうは「早期リタイアは無理」のように思える。

しかし、金額よりもわたしは「3,000万円という貯金を作れた」ことを重視したい。

ふつうのサラリーマンが無計画で何もせず3,000万円の貯金を作るのは難しい。

収支管理能力・資産運用能力・節制力など、一定の努力が必要だ。

まとまったお金を作って守る能力がある人が、「貯金を取り崩していった末に無一文になるような愚行」をおかす可能性は低いとわたしは思う。

退職後にどうやってお金を作るか、手段は人それぞれだが、何とかして無一文にならないような「早期リタイア生活」を構築していくだろう。

45歳・貯金3000万円でセミリタイアする場合、取り崩していい金額は年間いくらか
会社を早期退職してセミリタイア生活を送るときに一番心配なのが 取り崩していい貯金は年間いくらまでか? ではないだろうか。 ...
貯金1,000万~3,000万円で「安全にセミリタイア」する方法
「安全にセミリタイア」するには億単位の貯金があればいい。 だがしかし、サラリーマンが定年前に億単位の貯金を作るのは困難だ。 「3...
45歳・貯金2000万円でセミリタイアして「投資なし」で生き延びる
「45歳、貯金2000万円」でセミリタイアするが、株式投資のようなリスク資産には依存せずに「貯金の取り崩しのみ」で生き延びることができるか。...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS