台風21号の被害に共済金が出ることになった

シェアする

スポンサーリンク
台風

2018年9月の台風21号で実家に被害が出た。

2018年の地震・大雨・台風とセミリタイア生活
2018年は大きな災害が短期間に立て続けにやってきた。 わたしが経験した災害は次の3つ。 6月……大阪府北部地震 7月...

屋根瓦が何枚か吹き飛んだ。

幸い雨漏りはなく、瓦の交換だけで済みそうだ。

が、いくらか費用がかかる。

補修費は、加入しているJA共済から出る「共済金」でまかなえそうだ。

参照台風21号により被害を受けられた皆さまへ(JA共済)

スポンサーリンク

共済金をもらうための準備

共済金をもらうには次のモノが必要だ。

  • 被害状況を撮影した写真
  • 業者の見積書

写真については、被災直後にデジカメで撮影して、プリンターで印刷してJAに提出した。

見積書ついては、まだ未提出だ。

台風21号直後から業者が超多忙になって、なかなか見積書がもらえない。

補修工事前に共済金がもらえそう

見積書は未提出なのだが、なぜか共済金が出ることになった(笑)。

金額は、何とか補修費を100%まかなえそうな額だ。

あくまでもわたし個人の見積もりだが。

JAの担当者によると、もし金額が不足(実費 > 共済金)なら、後日請求すれば追加で共済金がもらえるようだ。

とりあえず安心した。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS