宅急便の到着が遅いから携帯で問い合わせたら「他社接続サービス通信料」という地雷を踏んだ

シェアする

スポンサーリンク
携帯

先日、携帯(docomo)の料金を確認したらいつもの月より21円も高かった。

なぜ?

明細を見たら「他社接続サービス通信料」という料金が20円かかっているからだとわかった。

なにこれ?

携帯の履歴を調べてみた。

ひょっとして、これが原因?

スポンサーリンク

「ナビダイアル」という地雷

携帯の料金が例月より20円も上乗せされていた原因は「ナビダイアル」の通話だった。

なぜ「ナビダイアル」に電話したのか。

宅急便が予定日時に到着しないことがあった。

問い合わせのために「0570」から始まる電話番号にかけた。

このとき、アナウンスで「通話料金がかかります」と言っていたような……。

地雷を踏んだら終わり

アナウンスを聞いてあわてて電話を切ろうとしたがすでに遅し。

地雷を踏んだのに気づいてすぐに足を話しても遅いのと同じ。

すでに電話はつながってしまっていた。

「21円の出費」という爆発が発生した。

通話料金は20円だが、消費税が1円上乗せされて、合計21円の余計な出費だ。

docomo

はあ~、とため息が出た2018年の師走。

参照クロネコヤマトに携帯電話から再配達やお問い合わせでナビダイヤルを使わない方法(kurapi*暮らぴ)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS