ブッダが教えるセミリタイア成功の極意

シェアする

スポンサーリンク
evening

セミリタイア生活の極意について、『ブッダのことば』(中村元(訳), 岩波文庫, 1984)で学んだ。

ブッダが生きていた時代には「セミリタイア」というライフスタイルはなかったと思う。

が、本書にある「出家者の心得」を語った言葉が、そのまま「セミリタイア生活の心得」として役に立つ。

そのブッダの言葉は次のとおり。

スポンサーリンク

仕事を減らせ

ブッダの言葉を紹介する。

足ることを知り、わずかの食物で暮し、雑務少なく、生活もまた簡素であり、諸々の感官が静まり、聡明で、高ぶることなく、諸々の(ひとの)家で貪ることがない。

出典『ブッダのことば スッタニパーダ』(岩波文庫), 第一章 蛇の章「八、慈しみ」, p. 37

「足ることを知り」というのは欲望を膨らませすぎず、分相応で満足することだ。

「わずかの食物で暮し」は、食費を抑え、過食にならず健康的に暮らすと解釈した。

「雑務少なく」という言葉はセミリタイアの本質を突く言葉だ。

「雑務」というのは「なすべき仕事・義務」を意味する。

ブッダは「仕事や義務を減らせ」と言う。

やるべきことを減らせ……はい!わかりました!

貪欲にならず静かに暮らす

「生活もまた簡素であり、諸々の感官が静まり、聡明で、高ぶることなく」は、「シンプルに暮らし、感情的になるな」という意味だと思う。

「諸々の(ひとの)家で貪ることがない」は、出家修行者が「托鉢」で家を回って施し物をほしがるな、という意味だ。

要するに、「モノに貪欲になるな」と戒めている。

まとめ

ヘタな人生論やセミナーより「ブッダの言葉」だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS