40代前半から早期リタイアを9年やってみて思うこと

シェアする

スポンサーリンク
early retirement

今年、2020年で早期リタイア生活が9年を超える。

40代前半で2011年に退職してから、バイトを含め「雇われ仕事一切せず」で9年過ごしてみて、サラリーマン時代と比べて印象に残ったことを語ってみたい。

内容は次の3つ。

  1. 支出が減った
  2. 貯蓄が増えた
  3. 時間のクオリティが上がった
スポンサーリンク

1. 支出が減った

これまで当ブログで何度も語ってきたが、サラリーマン時代に比べて「支出が減った」ことは特筆すべきだ。

サラリーマンを辞めると「ストレス解消費」「交際費」「見栄張り費」の支出がなくなる。

「ストレス解消費」で大きかったのは「旅行代」だった。

週末には平日にたまったストレスを解消するため、現実逃避をするため、マイカーや列車で遠出をよくした。

ホテル代・交通費(マイカーのガソリン代・車検費・税金、運賃など)はバカにならなかった。

「交際費」とは、飲み会・会食・遊び・会社関係の冠婚葬祭などに飛んでいったお金だ。

「見栄張り費」はちょっと高めのスーツ・ネクタイ・靴など、「自意識を高めるだけ」の効果しかないような出費だった。

以上のような出費は、早期リタイアしたらなくなる。

2. 貯蓄が増えた

会社を辞めて大して仕事をしていないのに貯蓄が増えた。

退職前は「貯蓄を取り崩して生活する」早期リタイアを想定していた。

例えば、生活費が月10万円かかるとすると、毎年120万円ずつ貯蓄が減っていくと見積もっていた。

しかし、いざ早期リタイア生活を始めて見ると(右肩上がりではないけど)貯蓄は増えていった。

推移は次の記事を参照してほしい。

セミリタイア資金運用決算(2019年度)~前年比10%増で最高値更新
2020年(令和2年)、新年あけましておめでとうございます。 最初の記事は例年通りセミリタイア資金の決算から。 株で資産運用して...

貯蓄が増えた要因は「アベノミクスによる株高」「収入増」の2つだ。

2012年12月の第2次安倍政権誕生以降、株価が上がっていった。

収入も、ブログの収益やKindle本の印税が入るようになった。

50代のセミリタイア8年目を支えた5つの収入源
昨年(2019年)、セミリタイア生活8年目を支えた5つの収入源の割合をグラフにしてみた。 2011年に会社を辞めて8年かけて、これらの...

3. 時間のクオリティが上がった

時間のクオリティがサラリーマン時代よりも格段に上がった。

「時間のクオリティが上がる」とは「自由度が上がる」ことだ。

朝は、出勤しなくていいからバタバタしなくなった。

好きなことをしていい時間が、ゆっくりと流れていく。

ゆっくりと朝食をとって、散歩して、ブログを書く。

昼以降も、自由な時間がゆっくり流れる。

サラリーマン時代には日曜日の夕方や長期連休最終日に感じていた「不快な緊張」とも無縁だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS