年金受給70歳繰り下げの「罠」を心配しながら老後資金シミュレーション

シェアする

スポンサーリンク
nenkin

老後資金をシミュレーションしてみた。

年金受給の開始を65歳から70歳に先送り(繰り下げ受給)した場合、どれだけ「お得」になるのか、見積もってみた。

以前郵送されてきた「ねんきん定期便」によると、年金の受け取りを65歳から70歳に繰り下げた場合、受給額が「最大42%増」になると書いてあったからだ。

ねんきん定期便
参照老齢厚生年金の繰下げ受給(日本年金機構)

ただし、「」が2つある。

スポンサーリンク

年金繰り下げ受給の2つの罠

2つの罠とは、

  • 税金
  • 健康保険料

がそれぞれ「増加」することだ。

確かに、年金を繰り下げ受給すると額は42%増になるのだろう。

しかし、受取額が増えるということは、「累進課税」で税や健康保険料の負担も増える

なので、年金の受取額によっては手取りの増額は「42%未満」になる危険性が高い。

参照年金は70歳受給開始にすると42%も増えるが、落とし穴も!(2018.2.21 ダイヤモンド・オンライン)

老後資金シミュレーション結果

年金を70歳から受け取った場合、「42%増」はないと考えて1割を税と健康保険料で取られると仮定した。

つまり、繰り下げ受給の年金の手取り増加率は「42%の9割」、つまり「37.8%増」で老後資金をシミュレーションしてみた。

結果、仮に100歳まで生きた場合、65歳受給開始に比べて70歳から受給した方が「数百万円お得」であるとわかった。

ただし、少子高齢化がさらにすすんで税や健康保険料の負担が増えたら「繰り下げ受給のメリット」は減る。

「年金は”繰り下げ受給”でヘタに増額するより65歳からもらった方がマシ」という結果になるかもしれない。

早期リタイアする理由と年金の繰り上げ支給を選ぶ理由が同じだった
年金のプロたちが繰り上げ受給を選ぶ理由「死んだらおしまい」(2019.4.18 マネーポストWEB) という記事を読んだ。 「年...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS