30歳までに1,000万円貯金するとサラリーマン人生が楽になる

シェアする

スポンサーリンク
waterfall

30歳以降のサラリーマン人生が非常に楽になる方法。

それは、30歳までに1,000万円貯金することだ。

どうすれば30歳まで、つまり20代で1,000万円の貯金ができるか?

方法は簡単だ。

スポンサーリンク

30歳までに1,000万円貯める方法

単なる算数の問題だ。

23歳から30歳までの7年をかけて貯金する、と仮定する。

この場合、月12万円ずつ貯金すると、7年後に1,008万円になる。

12万円 × 12 か月/年 × 7 年 = 1,008 万円

だから、30歳までに1,000万円の貯金を作る方法は、「月12万円の積立貯金」となる。

もちろん、ボーナスや残業代があれば、月12万円も積み立てる必要はない。

手取りの給料が18万円だとすると、月12万円を貯金に回すなら、月6万円で家計をやりくりする。

やりくりの方法はネットでたくさん紹介されているので、できそうな手段を参考にすればいい。

参考例1ヶ月6万円で自由に暮らすミニマリストな僕の生活費内訳(ミニマリストしぶのブログ)

無理な節約はしない

ただし、やってはいけないのが「無理な節約」だ。

やりたいこと(旅行、趣味、スキルアップのための勉強など)をガマンしたり、猛暑にエアコンをつけなかったりなど、「人生のクオリティを著しく下げてまで蓄財する行為」はやってはいけない。

無理な節約をしないと月6万円のやりくりができないなら、残念だが「30歳までに1,000万円」はあきらめた方がいい。

目標金額を下げて、無理のない範囲で貯金と生活が両立できるようにする。

「30歳でセミリタイア」という選択肢

もし、めでたく30歳で1,000万円の貯金ができたとする。

おめでとうございます。

あなたは「セミリタイアの選択肢」を持つことができる。

20代を月6万円程度でやりくりできれば「低コスト生活」のスキルが身についているはずだ。

「貯金1,000万円 + 低コスト生活のスキル」があればいつでもセミリタイアできる(完全リタイアは難しいが)。

「いつでもセミリタイアできる」という選択肢は、サラリーマン生活を非常にラクにする。

このまま働き続けてもいいし、今すぐ辞めてもいい」という心持ちでいられるからだ。

30歳以降もサラリーマンを続けるなら、低コスト生活を続けてさらに貯金を増やして「安全度」を高め、将来のセミリタイアに備えることができる。

もし、本当に仕事がイヤになったら、すぐに辞めることができる。

※上記は2020年10月15日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS