コロナ禍に運転免許証更新に行ってきた

シェアする

スポンサーリンク
免許証

先日(2021年6月某日)に、運転免許証更新に行ってきた。

完全予約制だったので、従来のように「気が向いた日」に行くことができない。

コロナ禍での免許証更新の予約がなんとかできた
先日、免許証更新の通知が来た。 コロナの感染防止のため、更新手続きと講習は「予約制」になるとのこと。 予約は早めに取った方がいい...

予約日時の30分以上前に警察署に到着したので、待たされるかと思った。

が、すぐに免許証更新はできた。

書類に必要事項を記入して視力検査をして、更新料を支払って免許証更新の申込は完了した。

スポンサーリンク

講習開始まで待たされる

免許証の更新申込はすぐに終わった。

あと、講習を受講すれば完了だ。

が、講習の開始時刻が約1時間後だった。

「1時間もどうやって時間をつぶす?」

警察署にずっといるのはどうも落ち着かない。

散歩・読書

仕方なく、警察署の周囲をブラブラ散歩した。

30分ほど散歩すると、暑くなってきたので講習会場に向かった。

講習は「遅刻厳禁」で、少しでも遅れると受講不可となってしまうので早めに会場に着いておくのが吉。

受講できないと免許証更新もできないので、遅刻はマジで厳禁だ。

講習が始まるまで、スマホのKindleで読書をしていた。

講習は少人数

講習の受講者は5人しかいなかった。

コロナ禍なので、最少人数しか入れないのだろう。

窓はすべて開けて、扇風機とエアコンで室内を冷やしていた。

6月の晴れた日だがそれほど暑くはなかった。

わたしは「ゴールド免許」なので講習は30分で終了して、帰宅の途についた。

※講習時間は優良運転者講習は30分、一般運転者講習は60分、違反運転者講習・初回運転者講習は120分。

参照免許更新の受付時間・講習時間(所用時間・初回)(チューリッヒ)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS