FIRE(経済的自立&早期リタイア)に4種類もあるのを知らなかった

シェアする

スポンサーリンク
FIRE 2021

とあるセミリタイアブログのFIRE関連の記事を読んでいたら、

バリスタFIRE

という言葉を見つけた。

「バリスタFIREって何?」

調べてみると、FIRE(Financial Independence, Retire Early :経済的自立&早期リタイア)に4種類もあった。

お恥ずかしながら知らなかった。

スポンサーリンク

4種類のFIRE

少し古い記事だが、

究極の節約でアーリーリタイア 米の若者がめざす真の働き方改革とは(2019.10.25 産経WEST)

によると、FIREには次のような4つがある。

  • Fat(豊かな) FIRE …… 平均的なリタイア後の投資家たちよりも貯蓄に励む
  • Lean(やせ細った) FIRE …… 最小限の生活と極端な貯蓄などで猛烈に制限された生活を実践する
  • Barista(バリスタ) FIRE …… フルタイム勤務を辞めてカフェのバリスタのようにパートタイムの仕事をする
  • Coast(順調な) FIRE …… 十分な貯蓄を持っている

上記記事にはなかったが「サイドFIRE」という言葉もどこかで聞いたことがある。

わたしはどのFIREか

わたしは上記の4つのどれにあてはまるか?

そもそも「FI」、つまり経済的自立ができているかという問題があるが……。

一説には「貯蓄が年間支出の25倍あればFIRE達成」という。

参照「FIRE」について考える7つの論点(トウシル(楽天証券)「ホンネの投資教室」)

なのでFIREは達成済として、無理にあてはめれば「Barista(バリスタ) FIRE」かな。

雇われバイトはしないけど、ブログやKindleで生活費程度の収入を稼ぐ仕事をしているから。

「Fat(豊かな) FIRE」のように、退職後も貯蓄には励んではいない。

「Lean(やせ細った) FIRE」のように「猛烈に制限された生活を実践」しているわけではなく、退職後もサラリーマン時代とほぼ同レベルの生活だし、無理な節約はしていない。

「Coast(順調な) FIRE」のように十分な貯蓄があるわけでもない。

なので、2021年8月時点では「Barista(バリスタ) FIRE」に近いと思う。

理想は「Coast(順調な) FIRE」だ。

追記

「barista fire」で検索したら乱立している大量のFIRE関連のサイトがヒットした。

2021年は「FIREブーム」になっているようだ。

従来のセミリタイアブログは、大量のFIRE関連サイトとの競争に突入している。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS